西安 敦煌 定番ツアー 5日間_西安・敦煌・洛陽・新疆・成都・九寨溝・青海・チベットなどの中国現地発オプショナルツアー~中国旅行専門サイト・中国旅行エージェンシー
西安館へ 四川館へ 敦煌館へ 洛陽館へ 新疆館へ チベット館へ

(86)186-9180-8413 24時間日本語可
シルクロードのオアシス都市、敦煌に関する観光については、シルクロード都市を拠点に活動する弊社に是非ご用命下さい。定型のツアーだけでなく、お客様のご要望に柔軟に対応いたします。お一人様から団体まで、今まで培った経験と実績でご満足いただける旅をお約束いたします。
敦煌観光役立情報
ガイド・車
敦煌オプショナルツアー
敦煌パッケージツアー
上海発敦煌ツアー
敦煌現地ツアー
 特別推奨ツアー
敦煌パッケージツアー
西安 敦煌 定番ツアー 5日間

西安兵馬俑・敦煌莫高窟5日間観光ツアー 人気定番商品!

人数に関わらず、予約頂いた人数でのツアー催行となり、他のグループとの混載などはありません。
 
1日目 都市:他都市/西安  交通:飛行機,専用車  ガイド:付  食事:昼夕  宿泊:西安
午前発フライトにて、西安着後、日本語ガイドがお出迎え、専用車にて西安市内観光:
城壁



西安の城壁(じょうへき)は、明代に建立された完全に保存されている世界最大の古代城壁として、また世界で最も整った古代の軍事砦として有名です。今の西安はその城壁に一周囲まれ、周囲13912 メートル、高さ12メートル、底の幅18メートル、頂部の広さ15メートルで、厚さが高さより大きい堅固な城壁です。特に夜になると城壁の一周はライトアップされ、その夜景が綺麗で、13代古都の雰囲気が溢れます。特に城壁の西城門はシルクロードの源として、世界でもよく知られています。
陝西歴史博物館



陝西歴史博物館(せんせいれきしはくぶつかん)は原始人時代より、周、秦、漢、唐を渡って、現代までの三千点以上の逸品ばかり見学できるところです。一周回ると、中国の歴史にて、もっと了解できると思います。 
大雁塔



世界遺産の大雁塔(だいがんとう)は『西遊記』でお馴染みの三蔵法師のインドから持って帰ったお経を保存する為、建立された西安のシンボル級の7階立てのレンガ造りタワーです。248段の階段で、頂上まで上がり、周辺の曲江の景色を眺望してみましょう。 
青龍寺



青龍寺(せいりゅうじ,しょうりゅうじ)は、日本仏教真言宗の創立者、有名な遣唐使の弘法大師空海大師がゆかりの寺として知られています。804年に空海は遣唐使として長安の都を訪れ、青龍寺で師匠となる惠果 と出会い密教を日本に持ち帰った。空海がお勉強した場所がこのお寺です。
昼食は天龍宝厳素食館にて宮廷風精進料理で、 夕食は中国式のシャブシャブ料理をご賞味ください。
 
2日目 都市:西安  交通:専用車  ガイド:付  食事:朝昼夕  宿泊:西安
ホテルにて朝食後、専用車にて西安郊外日帰り観光:
兵馬俑



世界8大奇跡といわれる世界文化遺産の秦始皇帝秦俑博物館の兵馬俑(へいばよう)は、中国初代皇帝の始皇帝陵を永遠に守る陵墓の副葬品として埋葬された近衛地下大軍団です。「俑」とは副葬品として遺骸とともに埋葬された人形のことを言います。これまでに発見された三つの坑の合計の広さは2万㎡以上で、兵馬俑は秦の始皇帝陵に副葬品として埋葬された8000体以上俑です。実物の兵馬をモデルとして作られていることから、一体一体が顔も体も鎧も何もかもが、すべて異なります。秦始皇帝陵のほど近くに埋められた「兵馬俑」は、20世紀の考古学における最大の発見のひとつと謳われ、出土以来、新しい知見と驚きをもたらし続けています。兵馬俑を見学したら、そのスケールの大きさには感動せざるを得ません。
秦始皇帝陵



秦始皇帝陵(しんしこうていりょう)は中国初の皇帝、秦始皇帝の陵墓古墳です。発掘していませんが、司馬遷の『史記』文献によって、兵馬俑も古墳の地下宮殿のごく一部分で、始皇帝の生前のまま、再現されているそうです。
華清池



華清池(かせいち)は西安事件の起こった地で、唐玄宗と楊貴妃の冬の温泉遊園地で、白楽天の『長恨歌』のロマンスを物語った地です。『春寒うして浴を賜(たま)う華清(かせい)の池、温泉水滑洗凝脂 温泉水滑(なめら)かにして凝脂(ぎょくし)を洗う』や、『後宮の佳麗(かれい)三千人、三千の寵愛(ちょうあい)一身にあり』や『天に在りては願はくは比翼(ひよく)の鳥と作(な)り、地に在りては願はくは連理(れんり)の枝と為(な)らんと』などよく詠まれます。
午後は西安の中心部にある鐘楼と回民美食街へご案内します。
昼食は西安の郷土料理で、夕食は老舗徳発長にて名物餃子料理をご賞味頂きます。
 
3日目 都市:西安/敦煌 交通:専用車,飛行機,専用車 ガイド:付 食事:朝夕 宿泊:敦煌
ホテルにて朝食後、専用車にて西安市内観光:
小雁塔・西安博物苑



小雁塔(しょうがんとう)は高さ43.3mの塔で、則天武后が高宗の崩御百日忌にその冥福を祈るため創建した薦福寺の境内に建っています。唐代高僧である義浄が、天竺から持ち帰った仏教の経典・仏図などを保存するために建てられた塔です。当時は15階建てだったそうですが、地震で2階部分が崩れ、現在では13階建てになっています。小雁塔境内には13万点の文化財が収蔵されている西安博物苑も弁設しております。
観光後、西安空港へ。午後発飛行機にて、シルクロードの魅力的な町・敦煌へ。
着後、日本語ガイドがお出迎え、専用車にて敦煌観光:
駱駝に乗り、オアシスの鳴沙山、月牙泉観光、バザールへ
鳴沙山(めいさざん)は敦煌の市街から南に6キロのところに位置する広大な砂山です。以前は神沙山と呼ばれていました。晴れた日に風が吹いて砂が流れると管弦や兵馬が打ち鳴らす太鼓や銅鑼の音のように聞こえますので、鳴沙山と呼ばれるものです、鳴沙山はすべて砂が堆積してできたもので、東西に約40キロ、南北に約20キロ広がっています。山腹には風が創り上げた、美しい水波状の砂紋が見えます。朝日や夕日を浴びて金色に輝く風景は、幻想的で美しく、我を忘れて見入ってしまいます。月牙泉(げつがせん)は鳴沙山の北麓に位置する三日月形の湖です。砂漠の中で2000年という時を経ても、絶え間なく沸き続け、澄んだ美しい水を湛えています。現在も湖を挟んで正面に立派な寺が建てられています。鳴沙山と月牙泉では、駱駝乗騎でき、夕方、シルクロードのイメージの「月の砂漠を行くキャラバン」の風景が見えます。
 
4日目 都市:敦煌  交通:専用車  ガイド:付  食事:朝昼夕  宿泊:敦煌
ホテルにて朝食後、専用車にて敦煌郊外観光:
ヤルダン地質公園



敦煌雅丹国家地質公園/敦煌ヤルダン国家地質公園は、別名は、敦煌魔鬼城とも 呼ばれています。敦煌の 市街地から北西180キロメートルのところにあり、面積は398平方キロメートルです。風蝕の岩がむき出しとなっている。東西に幅約25キロ、南北に長さ13キロに 渡ります。ヤルダンとはウイグル語で「険しい 崖のある土丘群の地」の意味で、風蝕で出来た様々な形の土丘を言います。まったく大自然の力で造形したヤルダン地形、奇妙な岩が様々な形に織り成しますので、砂漠の造形美をご堪能頂けます。
玉門関、漢代長城、河倉城



玉門関(ぎょくもんかん)は中国甘粛省敦煌市の北西約90kmにあり、かつて建設されたシルクロードの重要な堅固な関所の1つです。漢と唐2度に渡り建立されました。現存する玉門関遺跡は唐代のもので、俗称は小方盤城と言います。元来は漢代に武帝が河西回廊を防衛する目的で、長城をこの地域に建設し紀元前108年から107年にその最西端に建造されたとされました。同じく南西に設置された陽関と共に、西域交通で北ルートを通ると玉門関、南ルートでは陽関を通過していました。玉門関は、中国で古代より文化人が辺境の地での戦いや孤独な生活を思い詠嘆する地で、唐代の詩人王之渙は『羌笛何ぞ須(もち)いん楊柳を怨むを、春風渡らず玉門関」と詠んでいました。
漢代の長城(かんだいのちょうじょう)は西域北路の関所だった玉門関(ぎょくもんかん)から、さらに西へ10kmのところに、「疎勒河(そろくが)」沿いに延びる城壁跡が残っている漢代に築城された長城跡です。漢の長城は嘉峪関から、さらに西方へ向けての延長線上に位置しています。始皇帝が築いた長城と同様に、漢の長城も西域の脅威であった匈奴の侵略から領土を守るために築かれました。玉門関の漢代の長城はシルクロード沿線にある万里の長城の西端です。 
河倉城(かそうじょう)は漢代に西部防衛のために特に漢代の長城を守った軍の兵糧を蓄えた場所です。河倉城の別名は『大方盤城』と言います。
陽関



陽関(ようかん)は中国甘粛省敦煌市の南西約70kmにあり、かつて建設されたシルクロードの重要な堅固な関所の1つです。併せて設置された玉門関(ぎょくもんかん)より南に位置し、そのため「陽関」と称されます。玉門関と併せて「二関」と呼ばれています。漢代に武帝が河西回廊を防衛する目的で建設した、西域交通南ルートのでの要所です。陽関は、中国で古代より孤独な生活を思い詠嘆する地で、特に唐代の詩人王維の詩「元二の安西に使ひするを送る)」が有名で、「西の方、 陽関を出づれば、故人無からん」の節句はよく知られています。
観光後、専用車にて、敦煌市内ホテルへご案内します。
 
5日目 都市:敦煌/他都市 交通:専用車,飛行機,専用車 ガイド:付 食事:朝昼 宿泊:無
敦煌ホテルにて朝食後、専用車にて敦煌観光:
莫高窟



莫高窟(ばっこうくつ)は中国甘粛省敦煌市の近郊にある仏教遺跡です。莫高窟の中から出た敦煌文書でも有名です。『敦煌千仏洞(とんこうせんぶつどう)』とも呼ばれています。莫高窟は河南省の洛陽龍門石窟、山西省の大同雲岡石窟とともに、中国三大石窟に数えられます。鳴沙山の東の断崖に、南北1600mに渡って掘られた700あまりの洞窟があり、その中に約2400の仏塑像が安置されています。壁には一面に壁画が描かれ、総面積は4500平方mにもなります。1,000年にわたって築かれた石窟の内部は極彩色の壁画と仏像で彩られており、魏晋南北朝時代から元代まで、時代時代の美が凝縮されていますので、砂漠の大画廊とも言われています。建築、彫塑、壁画の保存状態や芸術性の高さには目を見張るものがあります。1987年にユネスコの世界遺産に登録されましたが中国三大石窟の中で最大規模を誇る「キング・オブ・世界文化遺産」ですし、莫高窟の規模が世界で最も 大きく、仏教芸術の聖地と称されています。
敦煌博物館



敦煌博物館(とんこうはくぶつかん)では、シルクロードで、行き交った人々が残した数多くの貴重な出土品を時代順に展示しています。なかでも特に莫高窟の第17窟で発見された経典を記した巻物や書画は必見するものです。
観光後、専用車にて敦煌空港へご案内申し上げます。敦煌空港より他都市へ移動します。大変お疲れ様でした。

 
CNY/1人様 1人様 2名様 3名様 4名様 5名様
1月2月3月 9,940 6,580 6,060 5,470 5,090
4月~10月 10,280 6,750 6,230 5,640 5,260
11月 12月 9,940 6,580 6,060 5,470 5,090
 
上記料金に含まれているもの:
西安→敦煌の飛行機代、専用車代、日本語ガイド代、食事代、入場料、鳴沙山の片道の駱駝乗騎代、宿泊代(4泊・税・サ・朝食付)がツアー代金に含まれております。
なお、宿泊はすべてツインルーム利用となります。
 
上記料金に含まれていないもの:
初日の西安着と最終日の敦煌発の飛行機代や列車代は含まず、必要があれば別途お見積りします。
 
*お支払いですが、現地払いで、初日西安到着後、人民元か日本円の現金にて担当したガイドへお支払い頂きます。日本円でお支払い頂く場合の為替はご出発日の10日前の銀行レートを目安とします。微信(WeChat)や支付宝(Alipay)でのお支払いも可能です。大金を持って行きたくない場合、事前に弊社の銀行口座に振り込んで頂けます。
 
グランドパークホテル西安シルクロードホテル敦煌などほかのホテルランクをご希望のある方はお声を掛けてください。別途にお見積りします。
 
*予約制の莫高窟入場券は弊社が事前に予約しておきますので、お客様は何も予約しなくていいです。
 
*莫高窟の特別窟見学をご希望の方は敦煌現地対応で敦煌着後、現地ガイドへお申し出ください。
 
*5日目は月曜日に当たった場合、敦煌博物館は休館日で入場不可の為、白馬塔に変更することになります。

*元旦、清明節、労働節、端午節、お盆、中秋節、国慶節、春節の連休中のご利用頂く場合、ご旅行代金が平日よりアップすることがあります。予めご了承ください。
 
*お申込みに必要な参加者全員のお名前のローマ字とパスポート番号と生年月日と性別をご教示頂き、手配を始めさせていただきます。

中国敦煌観光・中国敦煌旅行なら、中国旅行エージェンシー・敦煌館にお任せください。
会社概況 - お問い合わせフォーム - ご予約の流れ - よくある質問 - 旅行条件書 - 支払案内
中国旅行エージェンシー
登録第L-SNX-CJ00005号 
中国旅行社協会正会員 国際航空運送協会
 アジア太平洋旅遊協会
TEL:18691808413 13909188587
E-Mail:isamu@otcxian.com 陕ICP备12012296号