タール寺 青海西寧_中国旅行,中国観光,中国ツアーのことなら、中国旅行専門サイトの中国旅行エージェンシーをお任せください。
西安館へ 四川館へ 敦煌館へ 洛陽館へ 新疆館へ チベット館へ

(86)186-9180-8413 24時間日本語可
世界遺産のポタラ宮、ノルブリンカ、大昭寺、セラ寺、ヤムドク湖、ナムツェ湖のラサ観光を始め、青蔵鉄道で行くチベットツアーやエベレストベースキャンプ、チョコランマ・ベースキャンプを超え、ネパール国境へのチベットツアーをサポート致します。
観光地
ホテル
写真集
青蔵鉄道
アクセス
 特別推奨ツアー
観光地
タール寺 青海西寧
タール寺(塔爾寺・2680m)

 
タール寺は漢字表記が塔爾寺で、中国青海西寧市内から高速道路で南西へ約25kmくらい行った蓮花山にあり、チベット仏教ゲルク派(黄教)の開祖ツォンカパの生誕地であり、ゲルク派の六大寺院の一つです。タール寺の標高は2680mで、タール寺の入場料は80元です。
 

 
このタール寺は、1560年に創建された青海地方最大のチベット仏教寺院で、宗教と政治の中心地として青海地方一帯に影響力を持ち、最盛期には4000人の僧侶がいたそうです。チベット語の「クンブム(十万仏)」は、大金瓦殿の前のライラックの一枚一枚の葉に、仏が現れるという信仰に由来しました。
 

 
タール寺の寺院は標高2650メートルの山の斜面に沿って建ちます。11メートルのツォンカパの大霊塔(通称・大銀塔)を納める大金瓦殿、バター彫刻で知られる上蘇油花院、九間殿、小金瓦殿などがあります。
 

 
タール寺は、バターで作った供物の飾りで名が高いです。色づけしたバターで、仏像や故事来歴などをまるで彫刻にように作り上げます。どこの寺にもこうした供物はありますが、ここタール寺のそれは、ひときわ立派で美しいです。
 

 
寺域に入ると、近隣からやって来たチベット人の巡礼者はそれぞれの仏塔の前で真言を唱えていて、寺院を時計回りに回り、『五体投地』の姿がよく眼下に現れます。
 

 
魅力溢れる中国青海旅行の際、是非、現地の観光名所のタール寺やチャカ塩湖や青海湖へ観光にお越しください。

中国 チベット観光・チベット旅行・チベットツアーのことなら、お任せください。
会社概況 - お問い合わせフォーム - ご予約の流れ - よくある質問 - 旅行条件書 - 支払案内
中国旅行エージェンシー
登録第L-SNX-CJ00005号 
中国旅行社協会正会員 国際航空運送協会
 アジア太平洋旅遊協会
TEL:18691808413 13909188587
E-Mail:isamu@otcxian.com